おすすめ

金買取について知る 「基礎編」

金買取の価値は、果たしてどのように決定するのでしょうか。出来るだけ高額買取してもらえるポイントについても知りたいと思っているのではないでしょうか。

金買取価格はどのようにして決まる?

金買取価値は、相場によって決定します。それぞれの国に相場の決まりがあります。そして、イギリスのLMBA(ロンドン貴金属市場協会)金価格、アメリカのニューヨーク・マーカンタイル取引所の市場によって、基本の相場が決定されていきます。

純度

更に、金の価値を決定するのは金の純度です。99.99%金を含有しているものが、K24(24金)であり、ジュエリーとしてはほとんど存在しないと言っていいでしょう。

K24(24金)は非常に柔らかいからキズがつきやすい特徴があります。インゴットバーやインゴット各種、メイプルリーフコインとして使用されているものです。

91.6%含有が、K22(22金)です。K22(22金)は、指輪やネックレスの素材としても使用されているでしょう。K22や22K、916と言った刻印を見付けることが出来れば、22金のことです。

K18(18金)は75%含有です。世界的に見ても、K18(18金)が一番スタンダードという感じはありますよね。

純金と比較をすれば安く購入することが出来、ジュエリーとしても頻繁に使用されています。

更に、金には、K14(14金)58.5%含有や、K10(10金)41.7%含有と言ったものがあります。

ブランド価値

金買取において、ブランド価値というのも大事な要素として考えることが出来ます。あなたの買取して欲しい金が、高級ブランドや有名な芸術家の作品という場合もあるでしょう。

それは、金買取業者で、金の質量以上高い買取価格がつくことがあります。

買取価格の計算と方法

一般的には、金の相場、そして純度を知ることが出来れば、【金の相場×売る金の質量×純度×買取業者の手数料】と言った計算式によって、買取価格を判断することが出来ます。

イエローゴールドやシャンパンゴールド

イエローゴールドやシャンパンゴールドと言ったものも、色の違いによって買取価格の違いはそれほどありません。それよりも、金買取は、割金に何が入っているかのほうがポイントです。有効的に活かされるは含有量のほうです!

いかがでしょうか。金買取方法には、店舗で買取してもらうか、出張・訪問買取、宅配買取などいろいろな方法があります。 まず、みなさんが金買取をするためにしなければならないのは、相場を知ることです。

現在、金の素材が使われたジュエリーでも相当高額買取の可能性があります。