おすすめ

金買取とは 歴史を探る

金買取にどのような歴史があるのか見ていくことで、より金に対しての価値観を見いだすことでしょう。

金に作られた価値観とは、一日二日で出来上がったたやすいものでは決してありません。 金には、紀元前6000年頃に古代シュメール人がすでに金の装飾品を利用していたという気が遠くなる程の奥深い歴史が存在しているのです。

昔から金には需要が存在していた

多くの人たちが金と向きあっているから、金買取をしてもらうとき、高い買取価格を期待することが出来ます。

それは、今スタートしたのではなく、古代シュメール人、更に、ツタンカーメン、ピラミッドなどで知られているエジプトの歴史へも繋がっていきます。

ファラオの時代にも金は装飾品として、多くの人たちが利用して来ました。

実際には、ファラオを支えて来たのは、金の採掘とも言われています。

国の繁栄も間違いなく金に支えられて来た事実があります。

しかし、実際に巨大な鉱山を所有していたというものの、金の発掘量は無限ではありません。だからこそ、金は、昔から高貴な人たちにだけ許された装飾品なのです。

インカ帝国

アンデス山脈で栄えた巨大なインカ帝国においても、黄金の国伝説は存在し、大量に金を保有していた記録が残されています。

インカ帝国に集積された量は10万トンとも言われているので、320兆円以上とも言います。

とても豊かな国だと言われていましたが、その結果、いろいろな国に狙われてしまう災いをもたらすことになります。金に恵まれた国とそうでない国の取り合いの激しい歴史の存在もあり、金を求めている人たちの存在こそが金の価値をどんどん高めることになります。

中世ヨーロッパ

中世ヨーロッパでも、金の歴史は、間違いなく存在していたと言っていいでしょう。貨幣として金貨が登場します。

銀も実際にはありましたが、銀の10倍以上の価値をこの頃既に持っていたといいます。

なんで、金がこれ程価値を持ってしまうのかといえば、やっぱり採掘出来る量が少ないから、多くの人たちのニーズが存在しているからです。

なかなか手に入らないものと思えば、尚更、欲しいと思うのが、私達人間の欲求であり、性です。

そのような金に対してのモチベーションから、錬金術なるものも登場し、金に対して夢を見る人たちも増えて来ました。

錬金術はもちろん失敗に終わる訳ですが、現在でも、金買取に対して果てしない夢を見ている多くの人たちがいます。