おすすめ

金買取で大事なノウハウを知る

金買取をして欲しいと思うとき、やはりある程度のノウハウがあらかじめ必要になるのではないでしょうか。

あなたがお持ちの金は、どのくらいの純度か知ることもとても大事です。

金の買取の価格を決めるのは、ずばり純度と言ってもいいでしょう。

「金の純度」とは

「金の純度」とは金の含有率のことを言います。実際には多くの金は、金だけで構成されている訳ではありません。

もしも金だけというのなら、純金という言い方になります。しかし、多くは、純金と他の金属を混ぜ合わせて作られていることが多いでしょう。

金の純度は一般的には、24分率で表示されます。つまり、あなたのお持ちの金が純金ならば、24金=24Kです。ただし、日本では実際に100%ということではなく、99.99%以上のものなら、純金と言っていいことになっています。

1Kごと、4.17%の違いが出てきます。したがって、18Kという場合には、純金の含有率は75%です。

金の真贋

あなたが買取して欲しい金は、実際に本物の金でしょうか。当然金買取業者はそのあたりのことを見て、あなたの金を買取していいか査定します。

金の真贋は、刻印の確認がとても大事な意味を持っています。

リングなら内側に、純金が多く使われている杯であれば、杯の裏側に刻印があるでしょう。

ネックレスなら、留め具の部分とトップの部分に刻印されていたりします。

「GP」や「GF」という刻印を見付ければ、残念ながらそれは、金ではなくゴールドメッキです。

「K18」「K24」であれは、本物の金の可能性が高く、高い買取価格も期待することが出来るでしょう。

金の素材が使われたジュエリーであれば、壊れていても高額買取の可能性は充分あります。

ピンクゴールドは買取してもらえる?

ピンクがかったおしゃれな金は、ピンクゴールドと言われます。

ピンクゴールドは、18金の一種です。ピンクゴールドのほかに、混合金属の割合によって、イエローゴールド、グリーンゴールド、レッドゴールドと言った種類があります。

ピンクゴールドは、銅の割合が比較的多く、銅の色のせいでピンク色です。

実際には、ピンクゴールドを買取して欲しいと思えば、結構需要が存在しているので、高い買取価格も期待することが出来るでしょう。

24金に比べて丈夫な金であり、ジュエリーなどにも加工しやすい特徴があるからです。

淡い色でカジュアルな雰囲気なので、日本人の方々が、結構そのような金を求めていたりします。

いかがでしょうか。金買取は、やはり求めている人たちがいるから高い買取価格を期待出来るのです。ジュエリーを買取して欲しいという人たちは、ブランドネームがついていないものに対して、細かい相場が存在しないため安く買取されてしまうこともあるので、そのジュエリーの魅力をしっかり伝えることも買取のコツです。