おすすめ

【金買取】 どのような種類があるのか 買取の方法

金を買取してもらう時大事なのは金買取に対しての知識ではないでしょうか。

金の純度と種類についてみなさんはどのような理解をしているでしょうか。

金の純度と種類について

金には純度が存在しているから、期待しているよりも高い価格で買取してもらうことが出来るかもしれませんが、そうでないこともあります。

一番高い価格を期待することが出来るのは24金です。24金は他の金属が混ざっていない純金のことです。やわらかすぎるので、細かい加工が施されているアクセサリーに対して純金は不向ともされています。

22金は、金の含有量が91.7%のものです。金の含有量は75%のものが18金(18K)であり、一番みなさんに馴染みのある金ではないでしょうか。

18金(18K)は、金の他の成分は、銀や銅、パラジウムと言ったものがあり、配合するものの違いによって、イエローゴールドやピンクゴールドにも仕上げることが出来ます。

金ピカも、実際には、イエローゴールドであって銀と銅がそれぞれ10%~15%あたりの配合の18金で作り出すことが出来ます。

銅が配合されるとレッドゴールドにもすることが出来、銅にパラジウムを配合させることで、ピンクゴールドにすることが出来ます。

更に、青金と呼ばれる銀が配合されているグリーンゴールドも作り出すことが出来ます。

更に、金の含有量が42%というものは、10金(10K)です。10金(10K)にも、イエローゴールドやピンクゴールドはあります。

お手ごろ価格のアクセサリーを購入したいと人たちのために、結構
10金を使ったアクセサリーが市場に多く出回っていたりしています。

10金は18金よりも硬い特徴があるので、変形したりキズがつきにくいメリットがあります。

更に、あなたの金を買取して欲しいと思うものの、金メッキだったということもあるでしょう。一見、純金に見えてしまうかもしれませんが、刻印などチェックすれば、それはすぐに判断することが出来ます。

価値の違いはあるのか?

金買取して欲しいと思うものの、それぞれの金に対して買取価値が違うものです。どのような価値があなたの金に存在しているのか、まずは金買取ショップで査定してもらうのがいいでしょう。

更に、みなさんが注意しなければならないのは、金の買取価格は、業者によって違いも発生していることです。買取業者ごとの基準価格の違いがあるというのも理由の一つですが、もっとも大きな理由は、それぞれの販売ルートにあります。

業者によっては金ジュエリーだって高く買取してもらうことが出来るでしょう。ブランドネームが付いていないジュエリーは、安い買取価格がついてしまう傾向がありますので、業者に査定してもらうときには、みなさんがそのジュエリーの魅力を伝えるといいでしょう。