おすすめ

母の日Mothers’ Day 聖書に見る母親の像


母の日Mothers’ Dayそこには、私達が理解している以上のお母さん像が存在しているのかもしれません。


聖書においての母親

聖書においての母親像といえば、人類の母、エバ。また、イエス・キリストの母であり、時には教会の母と言う所にまで高まるマリヤ。または、アブラハムの妻、更に神の民の母となるサラという存在があます。

聖書において母親像はいい意味でも悪い意味でも子供さんに大きな影響を与えている存在です。

聖書において母親は一人の人間の命というだけでなく、共同体の命の源となった存在としても描かれています。

やはりお母さんとお父さんの存在意味は聖書においても違っていたのですね。

お母さんたちは聖書において一人の人間として神様との関係を持ちいかに生きるのかという課題に取り組んだ人たちです。

そしてお母さんという存在は次の世代にも大きな影響を与える存在なのです。次の世代において悪しきものを生み出してしまう存在となる可能性もあり、そうでない場合もあります。


極めてユニークな子育て法


聖書の民、ユダヤ人達は、極めてユニークな子育て法を取っていたことでも知られています。大きな特徴は、幼い時からの聖書教育であり、信仰教育を推進していくことになります。

子供たちは、生命の源、母親の乳を飲んで育つとともに御言葉を飲んで育つと言います。

赤ちゃんが、ようやくモノを食べるような頃になれば、魂の糧である聖書くちづけをさせると言います。

それは、肉体の糧以上に大切なものなのです。

更に、子供さんは、もの心つくまでに旧約聖書の暗唱を課すことになります。旧約聖書の冒頭からの丸暗記を、子供さんたちは、独特のリズムを持って身体の中にたたき込むような覚え方をして行きます。

このような特徴的な御言葉教育と、信仰教育というものが、結果ユダヤ人の中からも天才的思想家や芸術家を生み出しているという意味でも決して間違った育て方ともいうことは出来ないでしょう。


日本人の向きあい方


信仰継承とは、親が子に言葉を教えるのと同じ意味合いです。実際に日本人の方々も、子育てに対して、信仰継承はないとしても、同じような育児をして、教育をしているのではないでしょうか。

それをしているのは、間違いなくお母さんであり、お父さんではないのです。

実際には現在、パパという存在も、ここあたりでチラホラ見え隠れしていたりするのも事実ですが、天が子供の育児までを、全部母親に任せたともいうことが出来るのではないでしょうか。

子供さんはやっぱり間違いなくお母さんから生まれて来たのは事実であり、お父さんからではありません。

そのような大地のようなお母さん、天のようなお母さんに対して、私達は、母の日Mothers’ Dayに感謝しているのではないでしょうか。

ある意味、お母さんと子供さんには、宗教以上の深い繋がりが存在しているのです。その繋がりは無宗教の人たちも抱え、人間の宿命として従っているのではないでしょうか。